最終仕上げのテクニック

「ファルセット」と「ビブラート」

喉ではなく腹から発声する、だけでないテクニックがあります。

「ファルセット」とは、裏声を使うテクニックです。
簡単に言うと、高い声を出そうとして声がひっくり返った時のことですね。
その裏声も、上手に使えばファルセットとなり、上手に歌うコツになります。

喉の奥と鼻の奥の真ん中を意識して下さい。
そこから高い声が、脳天に向かって伸びていくイメージを持つと良いでしょう。
ハーとかフーという言葉で練習すると良いです。

「ビブラート」は、喉の奥を振動させて発声する方法です。
音を延ばす際に使うと、とても上手に聞こえます。

アーという発声をしながら、お腹を揺すったりしてコツをつかむと良いでしょう。
人工的にビブラートをかけるうちに、だんだん喉を振動させられるようになります。
喉をリラックスさせながら発声すると、良いビブラートがかかります。

このように、練習が必要ではありますが、上手に歌えるテクニックも覚えましょう。

マイクはこう使いましょう

まずマイクの持ち方ですが、「グリルボール」という音を拾う部分は握らない方が良いです。
グリップをしっかり握るのが良い持ち方です。

声をしっかり通す為に、マイクは口に向けて平行に持ちましょう。
口に対して直角などにしてしまうと、声を拾いづらくなります。

マイクは一定の場所ではなく、歌に合わせて動かすと良いです。
プロの歌手も行っている方法ですが、音程に合わせて口とマイクの距離を変えるのです。

低音の場合は声が通りにくいので、マイクを口に近付けます。
高音の場合は声が通りやすいので、マイクを口から離します。

同様に、大きく声を張る部分ではマイクを離します。
ささやくように表現する部分は、近付けないと声が通りません。

このように、マイクの使い方でも歌を上手に歌えるようになりますので、ぜひ試してみて下さい。