「恥ずかしい」なんて思ったら負け!

「自分」に合っているかどうか

まず選曲が大切だということを最初にお話し致します。

自分に全く合わないキーの歌を歌えば、どんなに練習しても上達しません。
最初に自分の声の音域を把握しましょう。

音域を把握した後は、その音域で可能な歌の選曲をすることが大切です。
無理をしても上手には歌えませんし、周りにも上手に聞こえません。

例えば全く違う音域の歌が歌いたいとなれば、ボイストレーニングなどで音域を広げる練習が必要となってきますので、ご理解下さいね。

あくまでも「自分に合わせた曲選び」をすることが第一歩だと考えましょう。

テクニックを活用して、素敵なカラオケライフを送るうちに上達していきます。
声の出し方などもレベルアップしていくでしょう。
それから更に練習をして、歌える歌の幅を広げていくのが良いと思います。

「歌」の細部まで知りましょう

選曲が決定したら、何度も繰り返し歌詞を読みましょう。

歌詞を暗記することだけが目的ではありません。
繰り返し歌詞を読むことで、その歌詞の意味を知りましょう。
どんな情景なのか、登場人物はどんな心境なのか、など。
季節を考えて、暑さ寒さまで理解出来ると良いですね。

喜怒哀楽の部分に共感出来るようになりましょう。
喜怒哀楽を把握する、つまり感情移入することで、表現力がアップします。

歌の内容を紐解いて考え、その中身を理解しましょう。
自分なりの受け止め方で構いません。
歌詞の伝えたいことを完全把握するのです。
そうすることで、感情移入して歌うことが出来ます。

感情を込めて歌えなければ、上手に歌うことは出来ません。
ただ歌詞を追って、音を拾って歌うことの無いようにしましょう。